とあるソーシャルワーカーの相談業務奮闘日誌

福岡の施設に勤めるソーシャルワーカーの業務日誌です。医療、介護、福祉他、福岡の施策などについてもまとめていきます。

ソーシャルワーカーの年収はいくら?


将来ソーシャルワーカーとして働きたい、もっともっとソーシャルワーカーとしてキャリアを積みたい、いろんな想いがあるはずです。

ソーシャルワーカーと一口にいっても、そのキャリアは多種多様。

もちろん、キャリアに応じて収入も大きく変わってきます。

今回の記事では、ソーシャルワーカーになりたい人なら誰しもが気になる年収について考察していきたいと思います。

ソーシャルワーカーは儲からない??


あなたの周りにソーシャルワーカーとして独立している人はいますか?

最近、◯◯社会福祉事務所といった形で、ソーシャルワーキングを生業とし独立される方もいるそうです。

しかしながら、ソーシャルワーカーの大半が病院・施設勤務、いわゆるサラリーマンにあたります。

地域や勤め先によっても大きく異なりますが、4年生大学卒のソーシャルワーカー勤務で下記のような年収になる場合が多いようです。

年収240万円〜280万円
月収(手取り)16〜18万円ほど

これを多いと捉えるか、少ないと捉えるかはその人の価値観次第ですが、一般的な産業界と比べると少し安いような気もします。

病院系の方が給与が高い?


ソーシャルワーカーとして働く場合、病院、クリニック、介護施設、障害者施設など様々な勤務先があります。

数は少ないですが、公務員の福祉専門職として勤務される方もいらっしゃいます。

イメージ的に、病院系列のワーカーさんの方が介護障害者施設より給料がいいイメージがあるかもしれません。

ソーシャルワーカーの年収序列

病院系>介護施設系>障害者施設系


もちろんこれが100パーセント正しいということではありませんが、この傾向が強いように感じます。

ソーシャルワーカーとして年収500万円以上を目指すには


お金はもらうに越したことはありません。なんだか医療福祉介護の業界だと「儲けることが悪」といった風潮が流れているように感じてなりませんが、私はこの風潮がとても苦手です。

適切なサービスを提供し、クライアントに満足していただいて、正当な利益を得て給料に還元されるのはごく当然のことです。

やりがいで飯が食えるほど、資本主義の日本は甘くありません。

では、ソーシャルワーカーとして年収500万円以上を目指すためには一体何をすればいいのでしょうか?

ソーシャルの管理者を目指す


特に総合病院など大型の医療機関においては多くのソーシャルワーカーが求められます。

ひっきりなしに来る相談に対応するため、スピード感、接遇、正しい知識などが求められますし、チームで動く結束力も作る必要があります。

基本的にソーシャルワーキングは売り上げをあげる業務ではありません。

一部医療機関では、医療連携室を「お荷物部署」などといって揶揄することもあるそうです。

が、しかし、例えば病院の評判や評価に大きく関わるのも、ソーシャルワーキングの醍醐味・難しさと言っていいのかもしれません。

そう言った意味で、医療連携室に対する考え方は10年前と大きく変わってきているようにも感じます。

ようやく、市民権を得てきたという感じでしょうか。

そのため、新人ソーシャルワーカーを育成する管理者が必用となります。管理者ともなれば、年収500万円超えも夢ではありません。

実際にわたしの知人のソーシャルワーカーさんで、年収400万円(40代男性介護施設勤務)の方もいらっしゃいます。

がっつり儲けたい人は副業をするしかない?


「年収500万円程度じゃ満足できない!」
「年収1000万円以上稼ぎたい!」


という方は、残念ながらソーシャルワーカー一本で大きく稼ぐのはほぼ無理に等しいと思っていただいた方がいいです。

正業としてワーカーをしながら、副業でガッツリ稼ぎでもしない限り、年収1000万円を超える収入を得ることはできないでしょう。

副業をしているソーシャルワーカーさんもチラホラ見かけます。割合的には1割程度、といったところでしょうか。

勤務先によっては副業を禁止しているところもありますので注意が必要です。

まとめ


ソーシャルワーカーで稼ぎたい、というのはまだ少し現実味がないと言えるかもしれません。

自分でどのようなキャリアを積んでいくか、例えば転職等を検討して良い条件の職場や役職にチャレンジしてみるのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク